TOUR PHOTO JAPAN

tourphoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 21日

萩・津和野 ツアー2日目

e0204700_6501659.jpg

広島市内で迎えた2日目の朝、まずは平和記念公園の見学からスタート。
ちょっと重い朝イチ観光だけど、紅葉は見頃で気持ちはよかった。

e0204700_650209.jpg

その後は津和野へ移動して昼食。
おなじみの殿町見学の後は、近くの太鼓谷稲成に寄り道。
天気がよくて気持ちがいいから、津和野の町を見下ろそうかと・・・。

e0204700_6502659.jpg

津和野の次は萩、というのはツアー観光の定番コース。
そして萩から津和野へ入る際、いつも気になっていた大きな屋根。
それがこの東光寺。
毛利家の菩提寺として、奇数代の墓が祀られている。

e0204700_6504095.jpg

その墓地がここ。
もの凄い数の灯籠が寄進されていて、周囲の森の奇樹と相まって独特の雰囲気。

e0204700_6504443.jpg

萩と言えば河口のデルタに造られた、いわば海に浮かぶ城街。
にもかかわらずパッケージツアーの萩観光で海を目にすることは、ほとんどない。
しかし今回は萩の泊まりがビーチフロント。
朝焼けの砂浜を散歩できるのも、そんな旅館の特典なのだ。
もちろん由比ガ浜とは大違い。
誰もいない。
足跡もない。
国道もない。
本当に静か。

e0204700_6505723.jpg

おなじみ、萩の城下町。

e0204700_6505964.jpg

最終日、山口市内の瑠璃光寺に寄り道。
ここの五重塔は以前にも紹介しているが、本当に美形。
知る限りでは、一番ハンサムなのでは。
くわえて今回は紅葉というオマケ付き。
どうです、この絵はがきのような光景!?
[PR]

by kama-ni | 2012-11-21 06:53 | 中国山陰山陽
2012年 11月 18日

宮島・広島

e0204700_2005272.jpg

今日は広島で新幹線を降り、宮島の厳島神社へ。
宮島口からフェリーに乗って、いよいよ宮島に上陸というところ。
宮島へのフェリーは2つあり、今日乗船したのはJRのフェリー。
航路の関係で、JRのフェリーからは大鳥居を海から眺めることが出来る。
ここから見る限り、神社裏手のもみじ山も綺麗に色づいていそう。

e0204700_200544.jpg

厳島神社の参道。
たしかに紅葉は綺麗だけど、そのかわりこの人出!
今日は26名という比較的コンパクトなツアーだからいいけれど、これは添乗員泣かせ。

e0204700_2005624.jpg

ホテルは広島市内の高層。
外では年末のイルミネーションも始まり、週末ということもあって本当に賑やか。
それにしてもこの仕事、年間何日このように外泊しているだろう。
ホテルだけじゃない、旅館、宿坊、時には民宿のようなところにも。
グレードもクオリティもピンからキリまで。
でも共通しているのは、最近では部屋に入ると、思わず「ただいまぁ・・・」とつぶやきそうになること(アブない?)。
そして、入室してまずすることと言えば・・・

1:iPhoneで、BGMを流す(テレビは観ない)。
2:タバコ臭ければ、お香を一つ焚く(これで大抵の臭いは解消される)。
3:明日着るシャツをハンガーに吊るす。
4:ネット環境が整っていれば、コンピュータを接続する(なければ、読書タイム)。

これで一息。
もう自分の部屋そのもの。
[PR]

by kama-ni | 2012-11-18 20:06 | 中国山陰山陽
2012年 11月 15日

ヴィンテージ旅館

e0204700_7254637.jpg

そして2泊目のお泊まりが、こちら。
白石蔵王のインターチェンジから20分ほどのところにある鎌先温泉は「湯主一條」。
小さな小さな温泉街の、老舗旅館。
ヴィンテージ木造建築ならではの美しさと迫力。

e0204700_7254823.jpg

東北各地ではすでに紅葉も終わりつつあり、もうバスの車窓からは雪山の景色を眺めて走る時期となった。
そうなれば、これ以上の愉しみはない。
極楽。
[PR]

by kama-ni | 2012-11-15 07:26 | 東北
2012年 11月 14日

大人になったらしたいこと

e0204700_1783314.jpg

越後から庄内へ。
超ゆったりな、大人のコース。
初日は雨の新潟から山形へ。
途中、鮭の町である村上に立ち寄り、鮭加工の老舗店へ。
さてこの暖簾、見覚えは?

e0204700_1783676.jpg

この村上、栄えた当時は「間口税」。
京都と同じで間口は狭いが、内部は驚くほど広く、広大な土間の梁には巨大な鮭が無数に吊るされている。
そしてこのように尾で吊り、腹は一文字に裂かない(一カ所残す)。
縁起を重んじた、武士の名残り。

e0204700_1783969.jpg

県境を越えてすぐの「あつみ温泉」で一泊目を明かした中日は、庄内酒田を観光。
現在も使用している米倉庫「山居倉庫」を見学。
とても大きくて、建物の保存状態もよく、一部は観光用に店舗として使われている。

e0204700_1784135.jpg

こちらはその裏手。
欅の並木が美しいが、この景色にも見覚えがあるのでは?
最近信州や東北各地が使われて吉永小百合さんがモデルとなっているJRのポスターの風景である(村上の暖簾も)。
大河ドラマとまでは言わないが、この吉永小百合さんのポスターもまた、昨今では観光業界に新しい追い風をもたらしている要素の一つと言える。
特に中〜高齢の女性に人気のようで、ポスターと同じ立ち位置で写真を撮っている姿を、よく見かける。
[PR]

by kama-ni | 2012-11-14 17:10 | 東北
2012年 11月 10日

紅葉の高野山

e0204700_93088.jpg

晩秋の高野山、宿坊に泊まってきた。
以前にもこの宿坊のことは記事にしたことがある。
宿坊に泊まることは、それ自体が経験だと。

e0204700_9301035.jpg

特にここ「天徳院」は美しく、快適で、本当に心が休まる。
ロケーションも申し分ないので、高野山で宿坊デビューをしようと思う人には、特にオススメだ。

e0204700_9301332.jpg

奥の院。
まったく嘘がない、侘び寂びの極致。

ご存知の通り奥の院にはお大師様、弘法大師様がいらっしゃる。
もちろん今でも。
だから毎日2度お食事をお届けするのだが、いくら弘法大師様といえど、毎日同じメニューでは飽きてしまう。
そこで献立には工夫をこらすのだが、ある日天徳院の方が係の人に「今日のメニューは何ですか?」と聞いたところ、なんとトマトスパゲッティーだったと!
ラジカルだなぁ、仏教・・・・。
[PR]

by kama-ni | 2012-11-10 09:31 | 東海近畿