<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 31日

奥只見の紅葉

e0204700_2213226.jpg

越後の山深く、新潟県と福島県の県境に位置する奥只見ダム、別名銀山湖。
現在の魚沼市、かつての小出より長いトンネルを抜けて、ダムの上流部「銀山平」へ。
紅葉はピークを若干過ぎたあたりか。
それでも、もっとも近いウィルダネスのそれはご覧の通りの鮮やかさ。

e0204700_2213583.jpg

遊覧船は上流部の銀山平から約40分をかけて奥只見ダムのダムサイトへ。
このダムは個人的に思い入れの深い場所。
昔魚釣りが好きだった頃に、よく訪れた。
かつては(本州では考えられないほど)巨大な岩魚が釣れ、開口健ゆかりの地として名を馳せた。
始めて北ノ股の川ほとり(現在の銀山平)に立ったときには、釣宿の玄関に巨匠直筆の色紙「明日世界が滅びるとも、今日君はリンゴの木を植える」が掲げてあり、土産店のレジでは宿屋の娘さんが「輝ける闇」を読んでいた。
もちろんいまでもシリアスな釣り師にとってはメッカとなっているが、この時期は禁漁期。
紅葉見物のツアーバスがひっきりなしに乗り込んでくるものの、それ以外は本当に静かな場所だ。
そんな銀山湖も、あと1週間ほどで雪化粧をする。
[PR]

by kama-ni | 2012-10-31 22:04 | 関東甲信越
2012年 10月 30日

松川渓谷紅葉

e0204700_22482897.jpg

岩手山麓は、松川渓谷の紅葉。
曇天で、この鮮やかさ。
このところ東北の紅葉をずいぶん廻ってきたけど、この紅葉が一番かな。

今年の紅葉は(東北に関する限り)少し枯れ気味か。
昨年同様、夏が暑すぎたとの声が多く、確かに枯れた木が多い。
それでも秋以降、寒暖が激しい東北の山間部は、やはりひと味違う。
そんな東北の紅葉も、もう今は里が見頃。

e0204700_22483041.jpg

[PR]

by kama-ni | 2012-10-30 22:53 | 東北
2012年 10月 25日

北アルプス観光2日目

e0204700_22182194.jpg

2日目、上高地に到着して最初に目に飛び込んでくる景色が、これ。
大正池に映る奥穂高の峰々。
それはもう、見事としか言いようがないうえに、これまた見事な三段紅葉。
バスの車内が歓声とため息でいっぱいになったのは、言うまでもない。

e0204700_22182383.jpg

大正池から河童橋までは歩きやすい1時間ほどの遊歩道。
上高地ビギナーには、まず歩いてほしいオススメコース。
コースは梓川にそった森の中を進んでいくが、そのあちこちからこの峰々を眺めることが出来る。

e0204700_22182553.jpg

上高地の散策は、ぜひ川沿いを。
この流れの美しさは(こういう言い方は語弊があるかもしれないけれど)まったく日本離れしている。
青年のブラッド・ピットがフライフィッシングをしていても、違和感なさそう。

e0204700_22182845.jpg

その流れの中も、また宝石のよう。
あまりの冷たさに、数秒以上手を入れることが出来なかった。

e0204700_22183136.jpg

説明不要。
一番泊まりたいホテル(それも2泊くらい・・・^^;)。
今回研修で同行した若いスタッフ:「こういうところに、仕事で泊まりたいですよね」
僕:「ううん、どうせならプライヴェートで泊まりたいよ」
[PR]

by kama-ni | 2012-10-25 22:21 | 関東甲信越
2012年 10月 24日

北アルプス「初物」の雪景色

e0204700_20282163.jpg

紅葉見物をうたった飛騨〜信州ツアーの初日、予定してた乗鞍畳平が前夜の雪のため、通行禁止。
急遽、バスは新穂高ロープウェイへ。
天候がよかったのであるいは・・・と期待した通り雪〜紅葉〜緑の「三段紅葉」がバッチリ!

e0204700_20282630.jpg

新穂高ロープウェイの山頂駅は標高2.156m。
気温は氷点下1℃。
気持ちよすぎて、笑っちゃうほど。
なにしろ雪景色が好きなもので、今シーズンの「初物」に、思わず声もうわずっちゃう。

e0204700_20282872.jpg

いい・・・。
それしか、言えない・・・。

e0204700_2028306.jpg

もちろん中間駅周辺の紅葉も見頃。
今日は飛騨高山に泊まって、明日は上高地散策。
そちらも、楽しみ。
[PR]

by kama-ni | 2012-10-24 20:30 | 関東甲信越
2012年 10月 21日

2012 紅葉ツアースタート

e0204700_9294275.jpg

いまどきのツアーと言えば、誰が何と言っても「紅葉」。
昨年はイマイチだったけど、今年はいかに。
まずこちらは、新潟県魚沼の八海山。
登山のコースで、山頂付近の紅葉は見事だった。
だが天候がパッとせずご覧のとおり雲の中。
その殆どが樹林帯というコース、朝まで降っていたという雨のせいでぬかるんだ登山道。
山頂手前ですでに参加者の興味が、下山後の「八海山」にかわったのは、言うまでもない。

e0204700_9294435.jpg

コースそのものはさしてハードではない。
なにしろ途中までロープウェイで上がるのだから。
写真は山頂駅から見下ろした魚沼(旧六日町)。
中央に流れるのが、魚野川。
日本最長河川の、最大の支流。
そしてこの八海山ロープウェイ、冬はスキー場として営業しているが、見たところ中級以上のスキーヤーにとってはなかなか面白そうなスキー場だ。

e0204700_9294722.jpg

ところかわって秋田と青森の県境、十和田湖。
毎年紅葉のツアーは北東北から始まり(紅葉前線と一緒に)京都辺りまで南下する。

e0204700_9294938.jpg

実はこのところ北東北には頻繁に出かけていて奥入瀬渓流や八甲田山、八幡平など、紅葉の名所をまわっている。
みたところ見頃の時期は遅めで、若干葉は枯れ気味。
それでも標高の高いエリアのそれは量、発色ともに見事。
桜と同様に見頃は一瞬だが、それだけに燃え尽きる命の饗宴は言葉を失うほど美しい。
[PR]

by kama-ni | 2012-10-21 09:31 | ダイジェスト
2012年 10月 10日

道東最終日・知床の森

e0204700_2301151.jpg

さて、道東3日目(最終日)。
再び知床のハイキング。
今日は知床五湖の森を、約3時間かけて散策した。
天候にも恵まれて、少し肌寒い森の散策路を、野生動物の気配を感じながら。

e0204700_2301445.jpg

オスロの郊外、と言っても誰も疑わないだろう。
とにかく知床五湖の湖水のイメージは、北欧のそれとよく似ている。

e0204700_2301643.jpg

知床の特徴。
それは海岸から原生林が始まっていること。
こんな深い森の湖も、実は海のすぐそば。
湖によっては、漁船のエンジン音がポンポン聞こえたりして。

e0204700_2301886.jpg

この美しい自然を守るためにとられているあらゆる措置は徹底している。
森に入るためには(全員が)レクチャーを受け、原生林の歩き方や野生動物との対峙のしかたを学ばねばならず、さらにその修了証を提示せねば、トレッキングはスタートできない。
もちろん歩く場所も厳格に設定されている。
天晴(あっぱれ)!と言いたい。

e0204700_2302084.jpg

添乗という仕事を通じて全国各地を旅しているが、これほどのカルチャーショックを受けた場所は他にない。
あまりの豊かさと美しさに、ときおり目頭が熱くなるほどの感動を、終止押さえることが難しかったほど。
もしかしたら僕にとっては、天国に一番近い場所かもしれない。




ネイチャーガイドのAさんへ。

本当に愉しい時間をありがとうございました。
知床の森の中でお話を伺いながら、僕はレイチェルに連れられたロジャーになることができました。
素晴らしい現地ガイドの先生は各地に沢山おられますが、こんな経験は初めてです。
心から感謝いたします。
[PR]

by kama-ni | 2012-10-10 23:05 | 北海道
2012年 10月 09日

道東2日目(知床へ)

e0204700_2033011.jpg

釧路湿原を堪能した後は川湯温泉に宿をとり、行程2日目は摩周湖から。
湖を見下ろす展望台まで宿からは30分ほど。
出発時には濃霧に包まれていたけれど、湖に近づくにつれて雲が切れてご覧の通り。
文字通り「摩周ブルー」の湖水と空を堪能した。

e0204700_2033460.jpg

堪能したのは景色だけじゃない。
駐車場の売店で、一切れ¥100なり。
うっひゃ〜っ!と叫びたくなる美味しさ。

e0204700_2033756.jpg

摩周湖を後にしてバスは知床へ。
途中あまりに端正な景色だったので、思わずバスを止めて写真撮影タイム。
こんなに真っすぐな道路、見たことない!
北海道ならでは?

e0204700_2034111.jpg

この時期、知床の川と言えば鮭の遡上シーズン。
沢山の鮭が集まる河口には観察用の施設(と言っても、コンクリートのひな壇のような簡単なもの)があり、そこでも予定外の寄り道。
決して大きな川ではないけれど、沢山の鮭が上流を目指していた。
写真はカラフトマス。
背中が「せっぱって」いる個体がオスで、奥のスマートなのがメス。
ペアリングが始まっているのかもしれない。

e0204700_2034426.jpg

「ほっちゃれ」という。
産卵を終えた、鮭の死骸。
河原にいくつも落ちている。
しかしその役目を終えたワケではない。
このあと彼らは川の養分となり、生まれくる稚魚を育む。
輪廻転生のカタチ。

e0204700_2034724.jpg

鮭観察のあとは、これまた予定外の寄り道「オシンコシンの滝」。
それにしても日本人って、滝が好きだね。

e0204700_203504.jpg

静かな港は、ウトロ。
今夜の宿泊地でもある。

e0204700_2035450.jpg

午後はハイキングの予定だったが、ヒグマが出没してコースが閉鎖に。
急遽、羅臼湖までトレッキング。
高低差が殆どない(多少のアップ&ダウンくらい)片道2時間ほどのコース。
木道が整備されている箇所もあるが、きわめて素朴でシックな代物。
だからいいんだけど。

e0204700_2035988.jpg

写真は羅臼湖ではなく、トレイル途中にある二ノ沼に映る羅臼岳。
帰り道に撮ったから、少し赤く染まっている。
キレイ!
[PR]

by kama-ni | 2012-10-09 20:09 | 北海道
2012年 10月 08日

釧路湿原散策

e0204700_1754728.jpg

こんな広大な空間を体感したのはいつ以来だろう。
海原のそれとも違う、圧倒的な「広さ」は、その場に立たねば分からないだろう。
それにしてもこの美しさは、一瞬言葉を失うほど。
個人的に憧れていた場所でもあり、感慨深いこともあって、しばし仕事を忘れて立ち尽くしてしまった。

e0204700_1754920.jpg

湿原は現在森林化が進んでいるという。
案内してくださったガイドさんは、ほんの50年前には、この木は1本も生えていなかった、とおっしゃっていた。
それはそれできっと、もの凄い光景だろう。

e0204700_17541129.jpg

運良くタンチョウのつがいが上空を舞ってくれた。
飛ぶ姿が美しくない鳥はいないけれど、タンチョウの美しさは群を抜いているかもしれない。
思わずため息。

e0204700_17541491.jpg

湿原内の木道。
尾瀬よりずっと歩きやすい。
言うまでもなく木道から外れて歩くことは出来ないが、設定されたコースだけでかなりの距離がある。
今日は2時間半ほど歩いたが、あまり景色が変わらないこともあってか、ずいぶん「歩いた感」がある。

e0204700_17541773.jpg

本当に、広い。
それしか、言葉が出ない。
こんな景色の中を歩いていて、気づいたら日頃のつまらない悩みや雑事が、思考からすっかり抜けていた。
[PR]

by kama-ni | 2012-10-08 17:56 | 北海道
2012年 10月 07日

青森の名峰2座 Prt.2

e0204700_12475956.jpg

青森県の名峰(いずれも日本百名山)2座を訪れるコース。
以前にも同じコースに一度添乗しているが、今回はなんといっても紅葉シーズン。
まずは岩木山。
1泊2日の両日とも上空には気圧の谷がとどまって、天候はいまひとつ。
初日に訪れた岩木山も、山頂は雲の中。
かなり速い速度で流れているので「あるいは・・・」と期待したが

e0204700_1248279.jpg

山頂付近では、バッチリ雲の中。
流れる雲の隙間から時折青空が顔を出すけど、本来見下ろせるはずの絶景は堪能できなかった。

e0204700_1248128.jpg

2日目は八甲田山。
個人的には今回のこのツアー、一番のお目当ては毛無平の紅葉。
タイミング的にも悪くないようだし、さて、今年はいかに。

e0204700_12483495.jpg

これは紅葉で有名な毛無平の中でも一番人気のある写真ポイント。
『下』と『上』をつなぐ階段からの眺めで、下毛無が一望できる。
ガイドさん曰く、今年は台風が少なかったので「ヤマウルシ」の葉が落葉せずに赤くなっている、とのこと。

e0204700_12483917.jpg



e0204700_12484582.jpg

そんな毛無平を歩くうちに、いよいよ雲が出てきて

e0204700_12485035.jpg

山頂付近では、やっぱり雲の中(残念!)

e0204700_12485454.jpg

これは北八甲田の主峰・大岳の山頂。
看板がマジックで書き直されているのが、わかるだろうか。
これは東日本大震災で、標高が20cm高くなったため。
ちなみに岩木山は7cm低くなったとか。

e0204700_124857100.jpg

遠景は望めないけれど、足下にも絶景はある。

e0204700_1249053.jpg

今回もお世話になった酸ヶ湯温泉旅館
本当にいい佇まい。
いまだに長逗留する湯治客が多い。
そして有名な千人風呂、今回もしっかり堪能。
あぁ・・・。
[PR]

by kama-ni | 2012-10-07 13:00 | 登山・トレッキング
2012年 10月 02日

台風の森

e0204700_11544941.jpg

台風17号と合わせるかのように北上し、山形〜秋田の森を歩いてきた。
初日、山形新幹線を降りてからバスが向かったのは、月山の近く「七つ滝」というところ。
寂れた集落を抜けて、バスがギリギリ通れるような村道を進み高台から見下ろす滝は、少し減水気味だけど、なかなか風情のある美しい滝。
地元バスガイドさんも滅多に来ないという、シークレットポイント。
秋の紅葉はさぞ綺麗だろう。

e0204700_11545258.jpg

山形と秋田の県境、象潟(きさかた)のホテルでは、夜中に台風が最接近。
明け方通り過ぎるのを待って出かけたのは、鳥海山の秋田側に位置する「獅子が鼻」というところ。
ここの見所は2つ。
まるで奇形?と見まがうばかりのブナの森と、美しい湿原。
特に湿原は、いわゆる高原の広々とした風景ではなく、森そのものが川のよう。
酸性で魚がいないという水は驚くほど透明度が高く冷たい。
流れに苔類がびっしりと覆い尽くす光景は、一見に値する。

e0204700_1154557.jpg

ブナの森はとてもデリケート。
木道を外れて歩くと、根が痛んで枯れてしまう。
この森は下地が岩盤で地層が浅いから顕著なのかもしれない。
マナーを守ることは、森を守ることなんだ。
[PR]

by kama-ni | 2012-10-02 11:55 | 東北