TOUR PHOTO JAPAN

tourphoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 26日

北穂高岳(3.106m)

e0204700_1015776.jpg

恒例の涸沢フェスティバルの直前、穂高連峰の北穂高に登ってきた。
上高地からエントリーした初日は、もはや山小屋と言いがたいほど快適な「横尾山荘」に宿泊。
なんとお風呂がついた、快眠が約束されている希有な山小屋。
明けて2日目、まずは涸沢を目指して横尾を出発。
ほどなく視界に飛び込んでくるのは、今回の目的地、北穂高(3.106m)。

e0204700_10151251.jpg

そして2泊目はみんな楽しみ、北穂高小屋
山小屋としては、日本一標高が高い?
なにしろ北穂の山頂部にあるんだから。
それにしても、あそこまで登るんだ・・・。
絶景のテラスからの生ビールを目指して、頑張ろう!

e0204700_10151972.jpg

聖地・涸沢。

e0204700_10152863.jpg

北穂高はその涸沢から、さらに3時間の急登。
かなりの急斜面。
ほとんど岩登り。
楽しすぎっ!
岩肌にはトリカブトの群生。
さ、もうひと頑張り。
午後には雲があがってくるからね。

e0204700_10164725.jpg

案の定山頂に到達したときには、雲の中。
しかし雲が切れる瞬間、有名な小屋のテラスからの眺めは筆舌に尽くし難い。
このカットはまさにそのテラスからの目線。
雲間に顔をのぞかせているのは、常念岳
みんな「ヤリガミタイ・ヤリガミタイ」と念仏のように唱えているけど、高所から見る空の景色は、こんなにも美しい。

e0204700_1017314.jpg

小屋は小屋で、またそうとう年季が入っている。
フロント脇の階段も、踏み板がすり減ってたまらない風情を醸し出している。
スタッフも気持ちよく、一度は泊まってみてほしい山小屋なのだ。

e0204700_10171710.jpg

早めの夕食が済み外へ出てみると、徐々に雲が切れ始めて・・・

e0204700_10173393.jpg

お待たせしました、見えましたよ〜。
先端から先に顔を出すなんて、なかなか心憎い演出じゃないですか。
手前は南岳。

e0204700_10174762.jpg

西方向に目をやれば、見事なサンセット。
見える山は先週登った笠ヶ岳
それにしても、どんどん雲が切れてきて・・・。

e0204700_101865.jpg

ついに全貌が。
大キレットを渡る滝雲がオシャレ。
大丈夫、明日は絶対晴れる。
根拠はないけれど、この頃にはそんな気分があった。

e0204700_101976.jpg

なにしろ小屋から山頂までは1分かからない!
360°のパノラマが目の前に広がっているのに、部屋に入る気になんてなれっこない。
だから(気分を確信にかえるためにも)カメラ片手に眠くなるまで山頂で。
左下のにはテン場の明かりも。
こんな高地の崖っぷちで、夜の音を聞きながらのテント泊も、悪くなさそう・・・。

e0204700_10191320.jpg

もちろん朝だって寝てなんていられない。
この日も3時半には起きて、カメラとiPodを持ってひとり山頂に。
真っ暗なうちは、こぼれんばかりの天の川や星座の数々を朝食時間(4時40分)まで堪能し、急いで食べてからも出発まで夜明けを眺める。
あぁ・・・なんてこと・・・!
手前は常念岳、雲海に浮かぶ中央の峰は浅間山。

e0204700_10191559.jpg

前穂高方向に目をやれば、富士山も。
涸沢ヒュッテやテン場の光を入れて、パシャ!

e0204700_10191856.jpg

この日(最終日)の出発予定は5時。
でもどうしてもこの日の出(5時15分頃)をゲストに見せたくて、ガイドさんに無理を言って遅らせた。
結果上高地までの9時間かなりのペースで歩くはめになったけど、どうかこのサンライズに免じて許して。
だってねぇ、いろいろあるけど世界って、こんなに美しいんだよ!

e0204700_10192021.jpg

南峰に登っているのは、テン場に泊まった人かな?
きっと暗いうちに上がったんだね。
最高だね!


帰路、上高地のバスターミナルで出会ったスコットランド人のグループ。
エベレストをはじめとした世界中の山々のパッチをつけた年季の入ったザック背負っていたので、日本の山の感想を聞いてみた。
「 Incredibly beautiful! 」と言っていたよ。
山の旅、本当に愉しい!
[PR]

by kama-ni | 2012-08-26 10:29 | 登山・トレッキング
2012年 08月 19日

北アルプス縦走・双六岳〜笠ヶ岳

e0204700_23295884.jpg

北アルプスは双六岳から笠ヶ岳を、3泊4日で楽しんできた。
初日は新穂高温泉からエントリーして1時間ほどのところ、わさび平小屋に一泊。
翌日早朝から本格的に登り始め、9時半頃には鏡平に到着。
定番と言えばそれまでだけど、やっぱりこの池に映る槍ヶ岳や穂高の峰々は圧巻。
あまりの暑さに小屋ではかき氷など(絶句するほど美味しかった!)。

e0204700_2330173.jpg

2日目の目的地は双六岳。
まずは双六小屋にチェックインし、片道1時間半ほどの双六山頂まで空身でゴー。
山頂付近は霧に包まれて、幻想的な世界。
歩きやすい山だけど、視界が悪いと迷いやすいので要注意。
僕たちのガイドさんも、ケルンを積みながら歩いていた。

e0204700_2330393.jpg

3日目は楽しみにしていた縦走の日。
双六から笠ヶ岳まで半日かけて歩く。
予報では朝から雨だけど、日頃の行いがよろしいせいか・・・。
空はなんだかすこし、秋っぽい?

e0204700_23335690.jpg

残念なことにこの日(18日)槍ヶ岳で落雷による死亡事故があった。
写真はその少し前の時間帯だけど、まさに槍ヶ岳にかかった積乱雲。
こんな巨大な雲が、あっという間に形成されてしまう。
実際事故があったそのとき、僕たちがいたこちらの尾根でも激しい雷と雨があり、あわてて小屋に逃げ込んだ。
こうして眺めていると、本当に美しいのに。

e0204700_23335842.jpg

雷が過ぎるのを待って皆で笠ヶ岳に登頂した後、山小屋のすぐ裏にある「小笠」に登ってみる。
夕暮れ時に、たった一人で。
写真は今日歩いてきた稜線。
奥の方に滝雲がかかった二つの峰があり、その間の谷の部分が双六小屋
よく歩いてきたね。

e0204700_2334151.jpg

夕焼けは、分ごとにその表情を劇的に変えていく。
その様子を標高2.800mのお山のてっぺんで、たった一人で、音楽を聴きながら・・・。
こんな雲が出ている日にはサンセットそのものよりも、雲を眺めているのが、僕は好きだ。

e0204700_2334813.jpg

振り向けば穂高の峰々に笠ヶ岳の影が。
もちろんその山頂部には、僕の影も含まれている。
おまけに雲間に虹までみえて。
小屋はお世話になった笠ヶ岳山荘
それにしてもこんな景色を、独り占めしちゃっていいわけ!?

e0204700_23341361.jpg

最終日の早朝、密かに3時に目覚まし時計をかけ、昨夜登った小笠にまたもや一人っきりで登ってみる。
ヘッドランプをたよりに岩山を登ること数分。
頂上部でランプを消した瞬間、あまりの美しさに気絶しそうになった。
文字通り360°の、満天の星空。
一番高いところには、雄大な天の川がはっきりと見え、足下には見渡す限りの雲海が広がっている。
まるで、広大な宇宙に、たった一人で浮いているような錯覚に陥る。
耳を澄ませば、星のおとが聞こえてきそう。
山小屋はベッドが足りないほどの満員なのに、この究極体験を味わったのは、僕一人。
妻には、見せたかったな。

e0204700_23341580.jpg

夜が明けても晴天と雲海は残り、歩きはじめから絶好の下山日より。
このコースは本当に景色が雄大。
眺めの美しさや変化に富んだコースは(個人的に)表銀座より楽しいのでは?

e0204700_23341878.jpg

朝日に向かって峰を進む、ご一行様。
この峰を越えたら、噂の「笠新道」。
国内でも有数の急登コースを、約7時間かけて下る。
標高差約1.500m。
膝、大丈夫かな?

e0204700_23342157.jpg

セルフ・ポートレイト!
[PR]

by kama-ni | 2012-08-19 23:46 | 登山・トレッキング
2012年 08月 13日

南アルプス鳳凰三山縦走

e0204700_9325327.jpg

北アルプス続きだった今シーズン初の南アルプスは、鳳凰三山縦走。
縦走と言ってもそれぞれ1時間ほどしか離れていない3つの頂を、2泊3日で巡る超ゆったりコース。
それでも高低差で言えばそのほとんどが樹林帯というルート。
遠景も望めず、風通しも悪い樹林帯の登りは、決して愉快なことばかりじゃない。
しかしこのところ歩いてきた北信と少し違う森の雰囲気を、心ゆくまで堪能した。

e0204700_9325618.jpg

やっぱり高山のトレッキングで一番楽しいのは、誰がなんと言おうと尾根の縦走。
雰囲気は前回の燕山頂付近とそっくりだけど、富士山はグッと近くに見える。
画面ほぼ中央のトンガリ屋根は地蔵岳のオベリスクで、一番奥の峰(山頂が雲に隠れている)が、人気の甲斐駒ケ岳。

e0204700_9325985.jpg

なんという造形美。
ただ突っ立てるだけじゃない、高山における「木家業」がまったく楽じゃないことを、雄弁に物語っている。
ちなみに奥の山は国内第二峰の北岳
昨年の登坂ルートがすべて見渡せるので、個人的に眺めて楽しいところ。

e0204700_933376.jpg

さきほど手前の観音岳山頂からご覧いただいた地蔵岳のオベリスク。
みかけはただのトンガリ屋根だけど、近づいてみるとなかなかの迫力。
足下の砂礫部までは誰でも行けるが、岩登りは要注意。
でも楽しいよ・・・きっとね。

e0204700_93365.jpg

南アルプスの山小屋は北のそれとくらべて、ずっとシックでぜんぜんツーリスティックじゃない(よく言えばね)。
今回お世話になった鳳凰小屋もそんな南アルプスらしい山小屋の一つ。
携帯は圏外、(食事時間以外は)電気もない、もちろんテレビなんてない、なんにもない。
この小屋の最大のサービス、スペシャルは、水が豊富で美味しいこと(山小屋としては、ポイント高いよね)。
写真はその鳳凰小屋の水場。
いい味出しています。
大好き、こういうの。
そしてこの水場のような、味のある親父(失礼、ご主人)との出会いも、ここに泊まる楽しみの一つと言いたい。

e0204700_933945.jpg

今回天気予報(それも有料の情報サービス)では、行程を通して悪天候が予想されていた。
しかし終わってみれば雨具には一度も袖を通さずにすんだし、景色だって全部楽しめた。
スゴい!
「大荒れ」と言われた最終日の下り道だって、この青空。
そういえば鳳凰小屋の親父、天気予報をよそに空を見上げながら言ってたっけ。
大丈夫、今日は晴れるよ・・・って。
格好よすぎでしょ!



メールアドレス設定しました。
tourphotojapan@gmail.com
[PR]

by kama-ni | 2012-08-13 09:44 | 登山・トレッキング
2012年 08月 08日

オフだけど、山登り

e0204700_1850238.jpg

今日はプライベート登山。
登山と言っても箱根の金時山だから、ハイキングみたいなもの。
日頃僕の仕事を見聞きして「私も登山してみたい」という娘を連れて。
写真は山頂部の岩の上に寝転がる娘と、仙石原の景色。
一番奥は芦ノ湖。
仙石原がまるで箱庭のように見える、絶景ポイント。
登山口から山頂まで1時間強のお手軽登山(ハイク)だから、ビギナーにもオススメ。
もちろん、帰りは温泉で汗を流して。
[PR]

by kama-ni | 2012-08-08 18:51 | The Day Off
2012年 08月 02日

南北中央アルプス・日本の屋根

e0204700_8334018.jpg

この夏いちばんという快晴の2日間、観光バスで日本の屋根を巡ってきた。
まずは駒ヶ岳ロープウェイで、千畳敷カールへ。
昨年は夏の間にナナカマドが枯れちゃって紅葉が今ひとつだった千畳敷。
周回コースにはまだ残雪があって、参加者は予想外の雪上ウォークに大はしゃぎ。

e0204700_8334282.jpg

2日目も超快晴。
八方尾根の麓で目覚めた朝は、白馬の山々がまるでポジフィルムのようにくっきりはっきり!
そしてまず最初に訪れたのが、お隣の栂池。
ゴンドラリフトとロープウェイを乗り継ぎ、栂池自然園を探訪。
ここは湿原に咲き乱れる高山植物を堪能しながら木道を歩けるようになっていて、時間や体力に合わせて2〜30分から数時間まで選べるコースとなっている。
湿原の周辺にはオオシラビソの樹林が広がり、さながら北米の自然公園のよう。
本当に綺麗なところ。
遠景の雄大さや静かさ(人の少なさ)なにより手軽に訪れることができる点では、尾瀬よりオススメ(バリアフリーの木道も設置されている!)。

e0204700_833443.jpg

久々登場、ご当地サイダー。
ロープウェイの山頂駅にて発見。
¥160なり。
もちろん栂池限定。
甘さと炭酸の強さが絶妙!
ドライ気味で、飲み心地がとても爽やか(ネーミング通り)。
美味しいっ!
訪れたら、ぜひトライして。

e0204700_8334746.jpg

最後は乗鞍。
バスは「車で上れる、国内最高地点」の畳平(標高2.702m)へ。
何年か前にドライブインに熊が乱入して話題になった畳平。
今回は1時間ほどの滞在だったので、お客様には魔王岳(2.764m)への登頂をオススメ。
畳平駐車場から普段着で15分ほどで登れちゃう。
しかも山頂部からの眺めはご覧の通り!
僕にとっては最近登った山々が一望できちゃったので、大興奮だった。

今回のツアーは日本の屋根、車窓からの眺めも含めたら南アルプス、中央アルプス、そして北アルプスを総なめした2日間だった。
最近ヤマノボラーになりつつある身としては、すこしフラストレーションが溜まる部分もあったけど、登山はしないけど山の景色は好きという人にとっては、まさに「お腹いっぱい」のコースだったと思う。
千畳敷も乗鞍もマイカーでは直接アプローチできないから、興味のある人はぜひ同様のツアーに参加してみるとよいと思う。
[PR]

by kama-ni | 2012-08-02 08:37 | 関東甲信越