TOUR PHOTO JAPAN

tourphoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 30日

定番の広島、島根、山口

e0204700_9484160.jpg

文字通り「忙殺」された11月のツアーから、いくつかをまとめて。
まずは続けて出かけた広島、島根、山口方面から抜粋。
写真は定番中の定番、世界遺産の宮島・厳島神社。
秋はモミジがきれい。
でも個人的には紅葉よりも、牡蠣の焼けるにおいの方が・・・。

e0204700_9484584.jpg

ホテルの桟橋から、宮島をのぞむ。
さほど寒くない夜なら、なかなか心地よい夜の過ごし方。

e0204700_9484816.jpg

白壁が印象的な、萩。

e0204700_9485259.jpg

行程の都合上、冬はどうしても黄昏時になっちゃう、津和野。

e0204700_9485543.jpg

松陰神社。

e0204700_9485891.jpg

非常に「美形」な五重塔は、山口の瑠璃光寺。

e0204700_949049.jpg

ご存知「秋芳洞」と「秋吉台」。
同じ「アキヨシ」でも、字が違うよ。

e0204700_949391.jpg

まるで印象派絵画のよう。

e0204700_949593.jpg

PEACE。
[PR]

by kama-ni | 2011-11-30 09:47 | 中国山陰山陽
2011年 11月 21日

日帰り千葉バスツアー

e0204700_18272767.jpg

日帰りのツアーで、房総へ。
新幹線や飛行機利用で遠くの観光地ばかり飛び回っていると、妙に新鮮。
近いのに、知らないところが沢山あるんだね。
こんな大迫力の滝が、目の前の半島にあったなんて。
養老渓谷の「粟又の滝」。
前日の大雨のせいで、水量はかなり多かったみたい。

e0204700_18273214.jpg

金谷の海。
べつに風光明媚なわけでも、水の透明度が高いわけでもないけど「地元の海」と繋がっている、親しみを感じる海の色。

e0204700_18273513.jpg

海ほたる。
個人的にはあまり好きな施設じゃないけど、トワイライトタイムはべつ。
空の色が変わり、街の明かりが増えていくのを、ゆっくり眺めたいね。
[PR]

by kama-ni | 2011-11-21 18:28 | 関東甲信越
2011年 11月 16日

隠岐・摩天崖ウォーキング

e0204700_64219100.jpg

今回の隠岐ツアーは、飛行機利用。
伊丹でプロペラ機に乗り換えて約50分。
新幹線で岡山まで出てからバスに乗り換え、境港からフェリーで来たことを思うと、なんと言う早さ!
それにしてもプロペラ機って、ジェットよりずっと小気味よく飛ぶね。

e0204700_642413.jpg

島後は、玉若酢命神社(たまわかすのみこと)の八百杉。
もの凄い存在感。



e0204700_6425920.jpg




e0204700_643961.jpg





e0204700_6432588.jpg

今回のツアーの目玉「摩天崖ウォーキング」。
ダイアモンドヘッドのような摩天崖のてっぺんから、真下の海岸「国賀浜」まで、尾根づたいに一気に250mほど下る。
所要時間約1時間。
ご覧の通り草原状の散策路で、ひたすら下りだし、とても歩いて愉しい。
本格登山を除けば、これまで歩いたウォーキングコースの中では、文句無しに一番気持ちいいコース。
最高!!

e0204700_6434970.jpg

ただしコース内には牛馬が多く、足下には彼らの「落とし物」が散乱しているので要注意。

e0204700_644429.jpg

ゴール地点「通天橋」。
まさに風光明媚というに相応しいポイントなのだけど、波打ち際は漂着物(要はゴミ)でいっぱい。
珠に傷。
これ、隠岐ではどの浜に行っても同じだった。
一番多いのはペットボトル。
そのほとんどには、ハングルの文字が。
一部漢文も混ざるけど、とにかく凄い量。
本当に、本当に残念。

e0204700_6442523.jpg

隠岐の旅では必ず利用する、隠岐汽船。
島前~島後、そして島根本土を結ぶ定期船。

e0204700_6444034.jpg

最近感じはじめたこと。
それは地方の小さな空港を利用する旅の愉しさ。
ここ隠岐も小さな空港の醍醐味満載。
とにかく、なんにもない。
保安検査所を通過したら、目の前にはもう飛行機が。

e0204700_645085.jpg

==オマケ==
多分、境港。
中海や宍道湖が見える。
ホント、ひとっ飛び~。


PS.
名古屋の Asai さん、ありがとう。
おかげで楽しい旅になりました。
[PR]

by kama-ni | 2011-11-16 06:46 | 中国山陰山陽
2011年 11月 11日

世界遺産・石見銀山

e0204700_1923681.jpg

またまた世界遺産、石見銀山。
間歩と言われる坑道につづく、街並。
シブ過ぎる。

e0204700_19232398.jpg

これが、間歩。
現在観光で訪ねることが出来るのは、この龍源寺間歩のみ。
全長は約600m。
それ自体はたいしたことがないけれど、毛細血管のように張り巡らされた細い坑道と、その中での過酷な作業に思いを馳せると、背筋に冷たいものが走る。

e0204700_19234473.jpg

世界遺産に登録されたことで、めったやたらに建て替えや開発ができなくなったのか、この寂れた風情が街のあちこちに。
愉しい。

e0204700_1924792.jpg






e0204700_1924232.jpg

世界遺産だから世間の注目を集めるけれど、こういう景色は日本のあちこちに見ることが出来る。
大切にしたい心の風景は、ごく当たり前のように僕たちの周りに、ある。

e0204700_19244454.jpg

街の診療所。
現在も診療しているみたい。
[PR]

by kama-ni | 2011-11-11 19:25 | 中国山陰山陽
2011年 11月 10日

高野山

e0204700_1921256.jpg

世界遺産、高野山。
写真は奥の院の森。
毎回ここを歩く度に、沢山の視線、なにか見られているような感覚に捕われる。

e0204700_19212711.jpg

それにしても深く、暗い。
でも邪悪なものを感じることは、ない。

e0204700_19214817.jpg

金剛峰寺。

高野山を訪れる際には、ぜひ宿坊に泊まって欲しい(高野山には、宿坊しかない)。
利便性や快適性を追究した、サービスとしての宿泊施設とは対局の世界。
でも目覚めた朝の気分の良さは、中途半端なホテルや旅館とは比べ物にならない。
宿坊に泊まるということはそれ自体、経験と言える。
[PR]

by kama-ni | 2011-11-10 19:20 | 東海近畿
2011年 11月 04日

みちのくの紅葉

e0204700_231064.jpg

東北みちのく紅葉ツアーと称して宮城、岩手、秋田などを訪ねた。
その中から立石寺(山寺)と銀山温泉を。

e0204700_23103854.jpg

山寺は、登ってこそ感動がある。
この五大堂を吹き抜ける風の心地よさは、言葉では言い表せない。
個人的には雪景色が好きだけど、秋もいいねぇ〜。

e0204700_2311361.jpg

侘び寂びの極致。

e0204700_23112187.jpg

銀山温泉。
訪れると分かるけど、意外に小さく、夾雑物がわりあい多い。
だから撮りにくい場所(って、個人的に苦手なだけ?)。

e0204700_23113671.jpg

銀山温泉で必ず頂くのが、カリーパン。
温かいうちにドウゾ。
[PR]

by kama-ni | 2011-11-04 23:11 | 東北
2011年 11月 04日

神宮

e0204700_2382366.jpg

超多忙のため、ブログ更新もままならず。
恐るべし、秋の観光シーズン。
取り急ぎ、最近のツアーから写真だけでも・・・。
まずは、お馴染み、伊勢神宮。
これは内宮。
ここを歩く度に「この空気は、違う」と感じる。
木漏れ日、森の空気、パワースポットなどという言葉が陳腐に感じられる場所。

e0204700_2384252.jpg

おかげ横町。

e0204700_2385621.jpg

おはらい街。
[PR]

by kama-ni | 2011-11-04 23:09 | 東海近畿