<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 26日

鎌倉のハイキングコース Vol.2

e0204700_983553.jpg

以前、北鎌倉から佐助に抜けるハイキングコースを紹介したが(こちらとこちら)今日は扇ケ谷から佐助に抜ける、別のハイキングコースを歩いた。
このルートは距離も短く高低差も前回紹介したほどではないので、より軽い散歩にはオススメ。
写真はコースの起点にあたる「寿福寺(JR鎌倉駅西口から、徒歩15分程度)」。
道はこの山門をくぐり、境内を奥の方へと進んだ、そのまた奥に続いている。

e0204700_984559.jpg

鎌倉の神社仏閣のいくつかには、境内にこのような閑静な住宅街をもったところがある。
前回紹介したコースの起点でもある浄智寺もそう。
こうした住宅街はとても古く、もっとも鎌倉らしい佇まいを今も保っている。
完全に小津安二郎の世界だ。


更に多くへ進むと、いよいよコースは登りにさしかかるが、その取っ付きは小さな小さな「切り通し」になっている。
我が家の子どもたちはここを「かえるのみち」と呼んでいて、いつも通るのを楽しみにしている。
狭いところは、オトナの靴の幅あるかないか程度。

e0204700_985520.jpg

ここからは尾根づたいに10分か20分くらい登れば、源氏山の山頂部に出るので、その後は北鎌倉へ抜けるなり(前回紹介したコースを逆ルートで)銭洗弁天や佐助稲荷に参るかするといいだろう。
[PR]

by kama-ni | 2011-02-26 21:07 | The Day Off
2011年 02月 25日

仙台・送迎

e0204700_96397.jpg


秋保温泉や南三陸温泉に連泊するお客様を、仙台の駅までお送りし、数日後にお迎えに行くというシンプルな仕事。
これも添乗員の仕事ではあるが、いかんせん楽。
送りの日などは現地で仕事が終わるから(それも午後の早い時間)そこから遊びに行くことも出来ちゃう?
仙台には知り合いのバスガイドさんがいるので、会うことも。
が、今回はとんぼ返り。
いい街だね、仙台。
[PR]

by kama-ni | 2011-02-25 21:05 | 東北
2011年 02月 23日

都内日帰りバスツアー

e0204700_23325861.jpg

今日のツアーは、都内日帰り。
三鷹を出発して都内のあちこちを廻って遊ぶコース。
要するに田舎者の僕が、東京のお客様をお連れし、都内の案内をするのだから疲れる。
でも天候に恵まれ、皆さんには楽しんで頂けたようだ。

そんなツアーのまず最初は、スカイツリー見物。
現在ほぼ600mまで伸びたスカイツリー。
あと30mちょっとで完成というところで、三鷹や西東京からお見えになったお客様に対しては「現在高尾山(599m)と同じ高さです」とご案内すると、バス車内から驚嘆のお声が。
午前中のため逆光になってしまったのが残念。

e0204700_23332895.jpg

お台場のホテル、グランパシフィックで少しリッチなバイキング・ランチを楽しんだ後、そのまま湾岸で羽田空港へ。
新しくオープンした国際ターミナルの見学である。
写真はオープン当初から話題になった「江戸小路」。
ご覧の佇まいの一角に、飲食店やブティックが軒を連ねる。
出発ロビーであることから「世界からのお客様をお迎えする」というのとは少し違うのかも知れないけれど、現代の Nippon を象徴するようなフロアーだった。

e0204700_2334356.jpg

そんな中、僕が一番 NICE!・・・と感じたのは、このバナー。
日本の伝統色で美しくコーディネイトされた巨大なバナーが、モダンな建築と気持ちよいバランスを保っていて、個人的には(外国のお客様に対して)みて!日本ってきれいでしょう? と言いたくなる箇所。
どうしたって「つくりもの」になっちゃう小路よりずっと、今の日本らしくてよかった。
羽田の国内線ターミナルや成田をイメージして行くと「えっ!?こんなに小さいの???」と驚くと思う、この新国際ターミナル。
僕は嫌いじゃないけどね・・・(そもそも空港って場所が、好きなんよ)。

羽田の次は東京ドームで開催中の「世界の蘭展」を見、最後は日の出桟橋からお台場までの、ショートクルーズ。
それほど寒くないという絶好のコンディション下、半時間ほど東京湾のクルージングを楽しんだ。
それにしても、東京の夜景っていうのは・・・。
正直都会は好きじゃないけど、この景色は何度見ても飽きることがない。

そしてもはや「そびえ立つ」とは言えなくなった、東京タワー。
スカイツリーと比べて、なんと小さいことか。
でもライトアップされたその姿にはバス車内のほぼ全員が「いいわねぇ・・・」と溜め息。
東京タワーって、こんなにエレガントだったんだね・・・。
丸一日スカイツリーを眺めながら走り回るも、最後は東京タワーの美しさを「再発見」できたことが妙に嬉しかった、都内ツアーだった。

e0204700_23344553.jpg

[PR]

by kama-ni | 2011-02-23 23:35 | 関東甲信越
2011年 02月 20日

バタバタの山陰

e0204700_23465789.jpg

一泊二日の山陰の旅。
もう、忙しいたらありゃしない。

まず岡山まで飛び、バスで鳥取砂丘へ(なぜ岡山空港???との声多数。ごもっともです)。
砂丘観光の後は湯村温泉の街を散策。
荒湯で足湯に浸かったり、夢千代館で昭和ノスタルジーに浸ったり・・・。
そして昨年古い鉄橋が永い務めを終えた余部の鉄橋に立ち寄ってから、浜坂漁港の魚屋さんでカニづくしのフルコースを食す。
三朝の温泉ホテルにチェックインしたのは、8時ころ。

2日目は朝食もとらずに7時にチェックアウトして、足立美術館〜出雲大社とまわり、午後はひたすら南下して広島空港へ(なぜ広島空港???との声多数。ごもっともです)。
見所が多い山陰三陽地方だけに、一泊二日はかえってフラストレーションがたまるかも。

ちなみに今回のツアー、酷い風邪を引いてしまってカメラを出す元気もなかった。
喉は痛むしフラフラするし・・・。
そんなワケで写真は2枚だけ。

e0204700_23472153.jpg

これは浜坂漁港となりのビーチ。
お客様がカニに夢中になっているスキに、一人で散歩。
体調は最悪だけど、この時だけは気分爽快。
だって、浜に誰もいないんだよ!
[PR]

by kama-ni | 2011-02-20 23:51 | 中国山陰山陽
2011年 02月 16日

駿河湾ミニクルーズ

e0204700_1823394.jpg

目が覚めると雪景色だった昨日、日帰りのバスツアーに出かけた。
比較的遅めの時間に横浜を出て、まず向かったのは沼津港の寿司店。
そこで早めの昼食をとってから、三津で本日最初の観光「駿河湾ミニクルーズ」。
その名の通り本当にミニで、クルーズ時間は25分程度だったけど、日頃湘南の海ばかりみている僕にとって、その海のキレイさ(水の透明度)は驚愕に値する。
「付け根」とはいえ、やはり西伊豆は違う。

e0204700_18232550.jpg





e0204700_18241878.jpg

次に「伊豆の国パノラマパーク」という施設に到着。
希望するお客様と一緒にゴンドラリフトに乗って、かつらぎ山(452m)の山頂へ。
ここは文字通り360°のパノラマを堪能出来る場所で駿河湾、富士山(雲に隠れて残念!)箱根の山々、伊豆半島越しには大室山の山頂も臨むことができる、絶景ポイント(画面クリック↑)。

e0204700_1824523.jpg

その後は修善寺で梅林を散策し、夕方はバスを御殿場に進めて「時之栖」のイルミネーションを楽しんだ。

で、このイルミネーション。
ちょっとは名が知れるだけあって、それは一見の価値あり。
ご覧になったことがある人もいると思う。
かくゆう僕も十数年前に家族と一緒に訪れている。
しかし白状してしまうと、今回はその時の感激を再び味わうことは出来なかった。
イルミネーションの光源が、LED に変わったからだ。
以前は白熱球の暖かくて柔らかな光に溢れ、まさに「包まれている」感覚だった。
対して LED のそれは、とても無機質で冷たい明かりだ。
妙な「色気」を演出しようとし、つまらない装飾が施されているのも目についた。
時代の流れといえばそれまでだが、少し寂しさを感じながら帰路についた旅だった。

e0204700_18252315.jpg

[PR]

by kama-ni | 2011-02-16 18:27 | 関東甲信越
2011年 02月 13日

大好き! 東北ツアー

e0204700_1836277.jpg

一泊二日で東北のおいしいところを廻る、ちょっと欲張りでハードなコース。
新白河からバスの乗り換え、最初に訪れたのは山形県の立石寺、山寺である。

事前の問い合わせでは「う〜ん、ところどころ(石段)凍って滑りやすいかな・・・」とのこと。
ところが実際に言ってみれば、全段ガッチガッチのツルッツル。
いつもなら15分程度で登れるところ、30分近くかかったうえに、下りの怖かったこと!
それでもこの雪景色がみたくて、氷点下のなか汗だくになって登った。
うん、納得!

e0204700_18365344.jpg

その後、銀山温泉に立ち寄ってカレーパンをつまみ食いしてから、国道13号線をひたすら北上し、秋田県の田沢湖へ(銀山温泉、何度行っても、どうしてもどうしても、お見せできるような写真が撮れない。本当に難しいところ。だから写真はなし)。

田沢湖高原のホテル周辺は、氷点下も6°以下。
それでも「今日は寒さがやわらぎました」とのこと。
最高です!



e0204700_18371992.jpg

はぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・

やゔぁいです・・・
ふにゃふにゃです・・・



e0204700_18375296.jpg

二日目は乳頭温泉の大釜で朝風呂を浴びてから角館へ。
雪の武家屋敷の街並を散策。
けっこうな人出だったけど、お客様はみな大満足のご様子で、もっと時間が欲しい!という方も。
確かにきれいだわ・・・。

e0204700_18383840.jpg

帰路では岩手県最南部の厳美渓に寄り道。
お客様お目当ての「お団子」は、冬期なのでお休み、残念!!
また暖かい季節にぜひ来て下さい。
東北は本当に楽しくて、きれいで、美味しくて、大好きです。




e0204700_1839279.jpg

田沢湖
[PR]

by kama-ni | 2011-02-13 18:40 | 東北
2011年 02月 09日

Shore

e0204700_15243100.jpg

鎌倉 七里ガ浜

ツアーではなく
[PR]

by kama-ni | 2011-02-09 15:03 | The Day Off
2011年 02月 06日

世界文化遺産の、夜と昼

e0204700_23171933.jpg

今回のツアーは「五箇山ライトアップ・白川郷」。
最初の目的地は世界文化遺産にも指定されている五箇山。
しかも今回はライトアップである。
凛とした夜の空気と雪の匂い。
本当に本当に気持ちがいい。

e0204700_23174017.jpg








e0204700_2317578.jpg

翌日はご存知白川郷。
2日前から春並の暖かさということで雪はだいぶ少なくなったようだが、それでも見応え充分。
やっぱり合掌造りには、雪がよく似合う。
白川郷を訪れてみたい、と考えている人はぜひ雪の季節に。

e0204700_23184140.jpg






オマケ(金沢・兼六園)
e0204700_23191331.jpg

[PR]

by kama-ni | 2011-02-06 23:20 | 中部北陸
2011年 02月 03日

Sunset

e0204700_18541177.jpg

今日は寒さがさほど厳しくないので、ゆうがた近くの浜まで出かけてみた。
それにしても、あのてっぺんまで歩いて登ったんだよなぁ・・・。
高いなぁ、やっぱり。

ツアーの方はここ2ヶ月ほどずいぶん暇だったけど、明後日くらいからボチボチ動き出します。
[PR]

by kama-ni | 2011-02-03 18:54 | The Day Off
2011年 02月 01日

Walking Equipment

e0204700_1758142.jpg

前回紹介した北鎌倉→佐助ハイキングコース。
写真はコースの北鎌倉側の入口にあたる浄智寺。
JR北鎌倉駅から鎌倉方面へ歩いて約5分くらいのところにあり、ハイキングコースはこの山門の向かって左側の路地を進む。
このところこの道をよく歩く。
今日も大船で用事を済ませてから、このコースを歩いて帰ってきた。

小学校の歴史の授業で「鎌倉は自然の要塞」と教えられるように(鎌倉の小学生たちは、みなそう習う)三方を山に囲まれた鎌倉だから、鎌倉にはこのコースのようなイージーなトレイルがいくつかある。
そんな稜線の山道をのんびり歩く時に持っていると楽しいのが、トレッキングポール。
僕のは山用のダブルで、スキーのストックのように両手に持って歩く。
ポールを持つことで上体が起きて心肺機能が活発になる。
山道を歩くと、すぐにその効果を実感することができる。
フリーで歩くよりずっと楽だし安全だし、しかも距離を歩くことができるみたい。
要するに、歩くことがもっともっと楽しくなるというワケ。
登りでは短めに、下りでは長めにするのが基本。
元はと言えば富士登山ツアーの添乗の際に購入したポールだけど、ハードな登山だけでなく、散歩に毛が生えた程度のライトなトレッキングにもオススメのアイテムだ。

先に書いたように僕のポールは山用だが「本格的な登山はしない」という人にとっては、あるいはこのタイプではなくノルディックウォーキング用にデザインされたポールの方がいいかもしれない。
ノルディックウォーキングはフィットネスという見地から、より洗練されたポールウォーキングを実践している。
だから心肺機能の活性化や高効率の歩行技術の習得という意味では、ずっと効果が高いと思う。
ノルディックウォーキング用のポールなら平地を歩く際にも使うことが出来るし、グリップや先端の形状も、平地やアスファルトの路面をより意識した造りになっている。
最近はデザインもあか抜けてきているので(もともと北欧が発祥だからね)歩くことが好きなら、玄関に一揃えあってもいいと思う。

e0204700_1758234.jpg

[PR]

by kama-ni | 2011-02-01 18:46 | The Day Off