TOUR PHOTO JAPAN

tourphoto.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 18日

三陸縦断・被災地見学ツアー

e0204700_9284411.jpg

2年3ヶ月経った今なお、いや、経った今だから。
やはり三陸のコースは、精神的に楽じゃない。
僕個人的には、震災後半年でここに来ているが、それから状況は殆ど変わっていないと言ってよい。
消毒されクリーンではあるものの、荒れ野は荒れ野のまま。
ここ田老は漁師町を散歩し、泳ぐ鮭を生まれて初めて目にした場所。
しかし現在は巨大な防潮堤が残されているだけ(それも一部決壊した状態で)。
今回のツアーは、そんな岩手県田老の街からスタートし、三陸海岸を一泊かけてひたすら南下するコース。

e0204700_9284754.jpg

この観光ホテルも、以前泊まったことのあるホテル。
いかにも田舎の観光ホテルという風情が愉しく、また食事のおいしい宿であった。
それが今はご覧の通り。
ALC構造だったことが、このような状況を残したとか。
今回はこの6階まで実際にあがり、その同じ部屋から撮影された津波の様子をヴィデオで拝見した(非公開・要予約)。
迫り来る津波の巨大さ、黒さ、スピード パワー。
逃げ遅れる人の姿、まるで笹舟の様に流される家々。
ものの数分の映像ではあるが、その壮絶はまさに言葉を失うとしかいい様がなく、思い出すだけでも涙がこみ上げてくるほど。

e0204700_9285084.jpg

あの日、揺れの直後テレビで最初に目に飛び込んだのがここ、釜石の港で津波の引き並みに次々さらわれていく車や建物のの映像であった。
その光景は今でもくっきりと脳裏に焼き付いているが、今は落ち着きを取り戻したかの様に見える。
しかし視線を180°陸地方向へ向ければ、やはりここも荒涼が広がっている。
この日は東北特有の風「やませ」が入り込み、初夏とは思えない冷え込み。
海面のもやは、そのため。

e0204700_9285365.jpg

気仙沼も甚大な被害を受け、港町はほぼ壊滅。
賑わっていた漁師町の繁華街は、現在復興商店街といった形で、少しずつ活気を取り戻しつつある。
店店からこぼれ聞こえる笑い声や生活の音が、ここまで下ってきて疲弊した気分を少し和らげてくれる。

e0204700_9285710.jpg

その中のある寿司屋さんでお昼ご飯。
550円なり。
さすがに新鮮で美味しい。

震災後、被災地見学のツアーには何度か添乗しているが、実は今回のツアーは個人的にもっともキツいツアーであった。
やはりそこには2年3ヶ月という重みが加わっていて、直後の「なんだ、こりゃぁ!?」という呆然とは全く違う。
そしてゲストの中には、廃墟となり取り壊す術もない建物の前で記念撮影をしたり、打ち上げられた巨大な船をみて「なんだ、こんなもんなのかぁ、もっとスゴいと思ってた」などと笑ったりといった無神経が、明らかに増えつつある。
そりゃツアー旅行なんだから、楽しんでもらえたらいいと思う。
いいと思うけど・・・。
ちょうど某自民党の政調会長にして「(放射能で)死者が出ている状況ではない」などと暴言を吐く今日この頃。
地震や津波の恐ろしさもさることながら、一番怖いのはやっぱり人間の心だなと、つくづく感じさせられた。
[PR]

by kama-ni | 2013-06-18 09:42 | 東北


<< 山形さくらんぼツアー      立山黒部アルペンルート >>