TOUR PHOTO JAPAN

tourphoto.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 09日

道東2日目(知床へ)

e0204700_2033011.jpg

釧路湿原を堪能した後は川湯温泉に宿をとり、行程2日目は摩周湖から。
湖を見下ろす展望台まで宿からは30分ほど。
出発時には濃霧に包まれていたけれど、湖に近づくにつれて雲が切れてご覧の通り。
文字通り「摩周ブルー」の湖水と空を堪能した。

e0204700_2033460.jpg

堪能したのは景色だけじゃない。
駐車場の売店で、一切れ¥100なり。
うっひゃ〜っ!と叫びたくなる美味しさ。

e0204700_2033756.jpg

摩周湖を後にしてバスは知床へ。
途中あまりに端正な景色だったので、思わずバスを止めて写真撮影タイム。
こんなに真っすぐな道路、見たことない!
北海道ならでは?

e0204700_2034111.jpg

この時期、知床の川と言えば鮭の遡上シーズン。
沢山の鮭が集まる河口には観察用の施設(と言っても、コンクリートのひな壇のような簡単なもの)があり、そこでも予定外の寄り道。
決して大きな川ではないけれど、沢山の鮭が上流を目指していた。
写真はカラフトマス。
背中が「せっぱって」いる個体がオスで、奥のスマートなのがメス。
ペアリングが始まっているのかもしれない。

e0204700_2034426.jpg

「ほっちゃれ」という。
産卵を終えた、鮭の死骸。
河原にいくつも落ちている。
しかしその役目を終えたワケではない。
このあと彼らは川の養分となり、生まれくる稚魚を育む。
輪廻転生のカタチ。

e0204700_2034724.jpg

鮭観察のあとは、これまた予定外の寄り道「オシンコシンの滝」。
それにしても日本人って、滝が好きだね。

e0204700_203504.jpg

静かな港は、ウトロ。
今夜の宿泊地でもある。

e0204700_2035450.jpg

午後はハイキングの予定だったが、ヒグマが出没してコースが閉鎖に。
急遽、羅臼湖までトレッキング。
高低差が殆どない(多少のアップ&ダウンくらい)片道2時間ほどのコース。
木道が整備されている箇所もあるが、きわめて素朴でシックな代物。
だからいいんだけど。

e0204700_2035988.jpg

写真は羅臼湖ではなく、トレイル途中にある二ノ沼に映る羅臼岳。
帰り道に撮ったから、少し赤く染まっている。
キレイ!
[PR]

by kama-ni | 2012-10-09 20:09 | 北海道


<< 道東最終日・知床の森      釧路湿原散策 >>