2012年 07月 17日

北アルプス縦走・燕岳〜常念岳

e0204700_197856.jpg

燕岳〜大天井〜常念岳の縦走コース、2泊3日。
北アルプスの銀座通り、北アルプス縦走入門コースと言われる同コース、穂高駅からタクシーで登山口である中房温泉に入りスタート。
歩き始めてすぐの樹林帯の中ではレンブラントのような光線を受けて、祈るような格好に。
無事に登れますように・・・。

e0204700_1971273.jpg

中房温泉から初日の泊まりである燕山荘(えんざんそう)までは、ほとんど樹林帯。
視界が開けない樹林帯の登りは、結構キツい。
途中の合戦小屋での休憩では、殆どの参加者が名物のスイカにかぶりつくが(本当に美味しそう!)添乗員の薄給では一切れ¥800のスイカなど、とてもとても・・・。

e0204700_1971535.jpg

燕山荘到着直前、明日の朝アタックする燕岳を望む。
花崗岩質の、本当にユニークで美しい山。

e0204700_1971755.jpg

やはり神は、いるのか。

e0204700_1972083.jpg

しかし残念ながらメインの縦走当日(中日)は、悪天候のスタート。
まずは燕山頂に立ってから、目的地の常念を目指す。
途中、今回のツアーでは最高峰の大天井岳(2.922m)に立ってからさらに稜線を進む。
場所によっては、雪渓歩きも。
愉しいよ。

e0204700_197234.jpg

午後になって雲が切れ始めた。
待ちに待った、稜線の風景。
槍ヶ岳をはじめとする遠景は望めないものの、この絶景にしばし歩みを止める一行。
でもあまり長時間は立ち止まれない。
体温が下がっちゃうからね。

e0204700_1972613.jpg


e0204700_1973010.jpg

実を言うと、僕自身はあまりストイックな人間じゃない。
だからこの2〜3年でずいぶん沢山の山に登りながらも、頂上に立つということへの執着が殆どない。
まして「征服」などという表現には、違和感すら覚える。
一方この稜線歩き。
これは愉しい!
先が見える。
それも息をのむほど美しい風景のなかで。

e0204700_1973329.jpg

ハイマツ。
ものすごい綺麗さ。

e0204700_1973651.jpg

最終日の朝。
常念岳アタックの歩き始め、今回のツアーで(ほとんど)はじめて目にする、太陽。
標高約2.700m付近。

e0204700_1973839.jpg

そして振り返ると、昨夜お世話になった常念小屋にも朝日が当たって・・・。
本当に優しくて気さくなご主人が、とても印象的な山小屋だった。

e0204700_1974139.jpg

下山道は沢づたい。
手をきるほど冷たく、清らかで、豊かで、甘い。
もちろんどこでも手ですくって飲むことができる。

e0204700_1974435.jpg

往復は、特急あずさ。
いくら団体がいるとはいえ、1両まるまる登山者。
さすが連休。
さすが中央線。



e0204700_1974782.jpg

オマケ。
これも中央線の登山者。
「山と渓谷」1973年12月号。
(「山と渓谷」表紙のことば・自然とつきあう五十章 芦沢一洋著より)
[PR]

by kama-ni | 2012-07-17 19:16 | 登山・トレッキング


<< 超オススメ! 立山縦走      下北半島、再び >>