2011年 09月 01日

神戸・京都・奈良(京都はフリーだよ^^v)

e0204700_9341394.jpg

目が回るほど厳しい残暑の関西旅行。
初日の神戸では有馬温泉、神戸港のミニクルーズのあと南京町でそれぞれ思い思いの店を見つけて本場の中華を楽しんだ。

e0204700_9343771.jpg

横浜よりだいぶ小規模だけど活気に満ちあふれてる。
やっぱりここでも(バスガイドさんが教えてくれるような)人気の店には、長い行列が。
僕は何気なく入ったお店で「飲茶セット」にトライ。
ほぼ一人前のフカヒレ麺に7種の点心、それと杏仁豆腐がついて¥950。
お腹いっぱい〜。

e0204700_935012.jpg

二日目は丸一日フリー。
ホテルが烏丸四条という絶好のロケーションだから、昼間は京都市内を歩き回った。
あんまり暑いから、歩きながらアイスキャンディを2本も食べちゃった。
でも川風や日陰が心地よいのは、季節が折り返し地点を過ぎて、暑さに翳りが出て来た証拠?

e0204700_9352691.jpg

午後は鎌倉出身大阪在住のTから「釣りでもしない?」と誘われ、琵琶湖へ。
さりとて琵琶湖で釣りなぞしたことないうえバス釣り自体が数年ぶり。
自分の道具でもなく、ましてやここは世界でも屈指の激戦区。
旅人が散策ついでにポンポン釣るような場所じゃない。
だから思いは湖畔に立って数十分でポッキリ折れて、夕方は大津近辺をただただ歩き続けた。
でも添乗員にとって、普段バスで通過するだけの街をあてもなくフラフラ歩く事くらい楽しい事はないね。
写真は大津港の「花噴水」。

e0204700_937141.jpg

夜は烏丸四条にもどり、Tの iPhone で検索してたどり着いたのは、とあるつけ麺屋さん。
四条通から一本入った裏通りの町家を改装した、オシャレなお店。
ちいさなくぐり扉を抜けて土間を進むと手入れされた坪庭がある。
場違いな券売機でチケットを買い、バーのようなカウンターで空間という前菜を楽しみながら「京都っぽいなぁ〜」と呟いてみたり。
もちろんつけ麺も最高!
なにせ京都なんだから美味しい店は沢山あるだろうに、また来ちゃいそうな予感・・・。
旅先でふらっと入ったお店がよかった時って、スゴく嬉しいよね。

e0204700_9372588.jpg

最終日は奈良へ。
近鉄の特急で西大寺に出て、薬師寺、奈良公園、興福寺と廻った。

興福寺では国宝館を見学したけど、この博物館は何度見学しても感動する。
日本の造形美の力強さ、優しさ、奥深さは圧倒的で、そのデッサン力や表現力はミケランジェロも真っ青(ホントに)。
仏の道には明るくないけど、像の数々と対峙してその眼差しを向けられると、精神にたまった「負のもの」がすぅ〜っと消えて、その空いた隙間がなにか「温かくて軟らかいもの」でそっと満たされてくるような。
奈良を訪れたら、神社仏閣はもちろんだけど、ぜひここは「体験」して欲しい。


振り返ってみれば、八月の休みは3日。
そのうち登山のツアーが3本。
この激務で4キロ痩せ、ズボンはゆるゆる(空港の保安検査所でベルト外した時、脱げそうだったもん!)。
だけど今回のツアーみたいに美味しい物いっぱい食べてたら、あっという間に元の木阿弥だな・・・。

PS。
T、今回もありがとう!
[PR]

by kama-ni | 2011-09-01 09:48 | 東海近畿


<< 乗りテツな2日間      悪天候のアルトロ >>