2011年 05月 11日

唐津・壱岐 Iki-Island Nagasaki Prf.

e0204700_0251914.jpg

九州は佐賀唐津、そして長崎の壱岐を廻ってきた。
まずは福岡に降り立ち、その足で太宰府天満宮。
我が家には受験生がいるので、お客様案内後、僕もちょっとお参り。

e0204700_0253747.jpg

そして名物「梅が枝餅」。
焼きたては抜群!
太宰府を訪れたら、これはマストです!

e0204700_0255957.jpg

お昼は参道脇の小さなお店で「太宰府バーガー」というものにトライ。
これがまた絶品!
ジューシーな鳥の唐揚げ、たっぷりの野菜にしその葉と梅のソース。
サクサクのパンと相まって、サイコー。
味はとてもパワフルなのに、ぜんぜん重くない!
後味もさっぱり。
もちろん量は充分で、ドリンクとサラダがついて800円なり(単品は500円)。

e0204700_0262245.jpg

太宰府では汗ばむほどの陽気だったのに、福岡辺りから霧が出始め、黄砂もあって視界は最悪。
地元の人も「こんなのは、初めて」と言うくらいの濃霧。
な〜んにも、見えない。
でも唐津の「虹ノ松原」の浜では、こんな幻想的な景色を味わえた。

e0204700_0285492.jpg

翌朝は快晴。
8:40唐津東港発のフェリーは、べた凪もあってとても気持ちよい海の旅。
約100分で長崎県の壱岐の島へ到着。

e0204700_032675.jpg

翌日の予報が雨なので行程を入れ替え、優しく目と肌がキレイな地元ガイドさんの案内で島内を観光。
ここは左京鼻。
岩場の脇、海女さんがいるの、わかるだろうか。
ウニのシーズンだね〜。

e0204700_0323460.jpg

圧巻は勝本の漁港から渡船で10分の「辰の島」。
海のキレイさと言ったら、もう・・・!
もちろん、透明度は抜群。

e0204700_033481.jpg

小さな無人島で、こじんまりとした海水浴場は本島からはよく見えない。
まるで映画「THE BEACH」みたい!?
30〜40分でまわれる島内のイージートレッキングでは、迫力のある断崖絶壁から絶景を望むことが出来る。

e0204700_0334798.jpg

その他いくつかの神社や古墳など、歴史の島といわれるだけあって沢山の観光スポットがあり、そのほとんどが小さくて、素朴で、優しげなものばかり。
最終日は残念な荒天になったけど、約1日半で存分に壱岐を味わうことが出来た。
また行きたい!
[PR]

by kama-ni | 2011-05-11 00:34 | 九州


<< 2011年、アルペンルート初め...      GWツアー・中国山陽地方 >>