TOUR PHOTO JAPAN

tourphoto.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 16日

駿河湾ミニクルーズ

e0204700_1823394.jpg

目が覚めると雪景色だった昨日、日帰りのバスツアーに出かけた。
比較的遅めの時間に横浜を出て、まず向かったのは沼津港の寿司店。
そこで早めの昼食をとってから、三津で本日最初の観光「駿河湾ミニクルーズ」。
その名の通り本当にミニで、クルーズ時間は25分程度だったけど、日頃湘南の海ばかりみている僕にとって、その海のキレイさ(水の透明度)は驚愕に値する。
「付け根」とはいえ、やはり西伊豆は違う。

e0204700_18232550.jpg





e0204700_18241878.jpg

次に「伊豆の国パノラマパーク」という施設に到着。
希望するお客様と一緒にゴンドラリフトに乗って、かつらぎ山(452m)の山頂へ。
ここは文字通り360°のパノラマを堪能出来る場所で駿河湾、富士山(雲に隠れて残念!)箱根の山々、伊豆半島越しには大室山の山頂も臨むことができる、絶景ポイント(画面クリック↑)。

e0204700_1824523.jpg

その後は修善寺で梅林を散策し、夕方はバスを御殿場に進めて「時之栖」のイルミネーションを楽しんだ。

で、このイルミネーション。
ちょっとは名が知れるだけあって、それは一見の価値あり。
ご覧になったことがある人もいると思う。
かくゆう僕も十数年前に家族と一緒に訪れている。
しかし白状してしまうと、今回はその時の感激を再び味わうことは出来なかった。
イルミネーションの光源が、LED に変わったからだ。
以前は白熱球の暖かくて柔らかな光に溢れ、まさに「包まれている」感覚だった。
対して LED のそれは、とても無機質で冷たい明かりだ。
妙な「色気」を演出しようとし、つまらない装飾が施されているのも目についた。
時代の流れといえばそれまでだが、少し寂しさを感じながら帰路についた旅だった。

e0204700_18252315.jpg

[PR]

by kama-ni | 2011-02-16 18:27 | 関東甲信越


<< バタバタの山陰      大好き! 東北ツアー >>